冷めてきた彼の気持ちを取り戻す効果的な対処法

冷めた彼の気持ち 出会いコラム

付き合っている大好きな彼、その彼の自分への想いが薄くなってきたらすごく悲しいですよね。

冷めてきてしまったそんな彼の気持ちを取り戻すには、いくつかの手段や工夫が必要です。

この記事では、冷めてしまった彼の気持ちを実際に取り戻せた女性の成功体験談などを紹介していきます。

冷めた彼の気持ちを取り戻せた対処方法

復縁した実例

気持ちが離れていた二人。彼女が行動を起こすことで彼の気持ちを取り戻せたという成功体験談を紹介します。

自分を変える努力をした

「大学時代の21歳の時で、5年付き合っていた彼氏とマンネリになっていました。5年も付き合っていたので、もうほとんど情で付き合っているという感じでした。

私自身も彼ももう老夫婦のような感じで、お互いに一緒にいるけど、もう昔のようなトキメキも忘れてしまっていました。

このままではダメだと思い、私が始めたのはベタですがダイエットです。

普段飲み会や外食などでたるんでしまった身体を引き締めようと考えました。もともと細い方ではありませんでしたが、160センチで65キロ程になってしまっていました。

私の行ったダイエット法は、お酒が好きだったのでやめられず、そのおつまみを低カロリーのものにしました。

豆腐や納豆、お刺身や赤身肉などです。また間食もなくし、学校の往復の道を1駅歩くようにしたのです。

そうしたら体重はみるみる痩せ、8キロ減に成功しました。毎日のように会っていた彼でしたが、その時はあまり会わずにいました。

普段から冷めている感じだったので、お互い全然大丈夫でしたが、久々に会って痩せた私を見てビックリしたようでした。

『こんな変わると思わなかった。惚れ直した』と言わせました。また昔のようなラブラブの時期に戻りました。今は別れてしまったけどいい思い出です。」(大学生・21歳)

『ありがとう』『ごめんなさい』の言葉をまめに伝えた

「当時25歳でした。付き合って1年くらいになる彼氏は、私に優しく、わがままをなんでも聞いてくれていました。

そんな彼の優しさに甘えて、私はいつも自己中心的な言動を繰り返していたように思います。

小さなことで機嫌を悪くしたり、彼に必要以上に当たり散らしたり、今思うとひどい女でした。

優しかった彼は次第に私といても笑顔がなくなり、『俺といても楽しくないでしょ。もう会うのやめようか』と言われてしまいました。

私はそこで初めて自分が彼に対してしてきたひどい態度を反省し、彼の大切さに気づきました。

それからは、つまらないことで怒るのはやめ、話し方も穏やかにするように気をつけ、優しさと思いやりの気持ちを忘れずに、笑顔を心がけるようにしました。

ちょっとしたことでも『ありがとう』『ごめんなさい』の言葉をまめに伝えるようにしました。

結果、彼とは仲の良い関係に戻ることができ、今ではその彼は私の夫となっています。

彼の気持ちが完全に離れてしまう前に、自分の悪いところに気づき改善することができて、本当に良かったです。

あの時学んだ、思いやりの心の大切さは、今も円満な結婚生活を送り良い夫婦関係を保つために、とても役立っています。」(医療関係・25歳)

彼の気持ちを取り戻したい時に効果があった行動は?

冷めた彼の気持ち

押してダメだから引いてみる

「ちょうど30歳になったころに付き合っていた相手との話です。

こっちが大台に乗ったことでいろいろ焦りはじめるのを横目に彼氏は「結婚」とか気にする様子もなく、むしろ若くてかわいい子を見て嬉しそうにニヤニヤ。

会社の新人育成の話も面倒そうにしながらもとても楽しそう。浮気を疑ってしまっても仕方ない日々でした。

もういっそ別れてやろうか思って過ごしていると、自然とわたしから彼に対する態度も冷たくなっていたみたいで…。

ある日突然、彼が一生懸命わたしの機嫌を取りはじめました。

よくわからず見守っていると、どうやら冷たい態度はわたしの気持ちが冷めている証拠。

このままではいつか、別れを切りだされると思ったとのこと。

そこまで深く考えてはいませんでしたが、気持ちって態度に出ちゃうんだなと反省。

彼にも若い子を見てニヤニヤしてる様子を見るのは不快だったと正直に告げて、無事仲直りしました。

このときほど、押してもだめなら引いてみろという言葉を実践すれば物事って結構うまくいくんだと思ったことはありません。

実は、彼がわたしにヤキモチを妬かせたくて他の子の話をしてたというのは、だいぶあとになってから聞いた話です。

相手が若い子ばかりだったのは彼の好みの問題だそうですが。」(OL・30歳)

自分の気持ちを押し付けすぎない

「当時23歳だった私は、社会人になりたてで、お互い仕事が忙しくすれ違う日々を過ごしていました。

会える回数が減っていった頃に、彼に好きかわからないと言われました。

長く付き合ってたこともあって、連絡を取るのも適当になり、会ってる時も落ち着きすぎて相手を大切にする意識が欠けていたことは確かです。

彼に距離を置きたいと言われてから、彼の大切さに気づき、自分のこれまでの態度を改めました。

彼とちゃんと向き合って、大切である存在であることを伝え、これからも一緒にいたいと話しました。

自分の気持ちを押し付けるだけでなく、謙虚な姿勢で距離を置きたいと思っているならそれでもいいと、相手の気持ちを尊重しました。

しつこくならない程度に連絡をとり、付き合っていた頃のようにデートの申し込みをしました。

彼の仕事で忙しい時には、置き手紙とともに差し入れをすることもありました。

少しずつですが、彼が喜んでくれたり、楽しかったねと言ってくれるようになり、2ヶ月くらいたってから、やっぱり一緒にいたいと言って戻ってきてくれました。

冷めている時だからこそ、自分の気持ちを押し付けすぎず、少し離れて思いを届けてみると効果的なのかもしれません。」(会社事務・23歳)

マンネリなデートを打破して刺激を与える

「いつもどおりの毎日に刺激をプラスしたことで、彼の気持ちを再燃させられたと思っています。

お互いに当時25歳。付き合ってから数年経ちマンネリ化した日々を送っていました。

不安に思った私はマンネリ化を打破しようと試行錯誤し、日々に刺激を散りばめてみました。

たとえば、いつも選ばない食事をとってみました。

お互いの好きなものをある程度は理解しているので、なんとなく同じルーティーンで食事をとっていました。

それを、そのときに流行の目新しいものを食べてみたり、いつもは外食で食べていたものをあえて手作りしてみたり目新しい刺激を加えました。

あとは、月に一回はお互いどちらかの行きたいところにプチ遠出に行きました。

どちらかの興味が薄くても月に一回はそういう日と決めて出かけるのです。

家で過ごしたりやお互いの地元界隈で生活をしてる上で狭まった視野を広くし、生活範囲をでた土地で行動することでストレス発散にもなるのでこれはとてもいい刺激になりました。

毎回贅沢はできないので、車で1時間程の公園にドライブや散歩に行くという節約旅もしました。

こういった些細なことから少しずつ刺激を与えてマンネリ化を打破しました。

刺激的なことが切り嵌められた日々を一緒に過ごすと楽しさも増し笑顔も増え、こいつと一緒にいると幸せだと思ってもらえると思います。

今ではノリノリで彼から提案が来るので、気持ちが冷めて悩んでいた頃が嘘のようです。」(OL・25歳)

LINEでの連絡を減らしてみることもおすすめ

「しばらくこちらからの連絡を減らしてみて、相手の反応を探る、というのも手段の1つです。

連絡回数を減らすことで、相手が自分のことを考える時間が増えるのと、自分の気持ちにきちんと向き合ってくれるチャンスが訪れるからです。

だからといって、極端に連絡回数を減らすと本当に忘れ去られてしまう可能性もあるので、ここはバランスをみてした方が良いと思います。

また、いつものデートコースとは違うデートをしてみて、二人で新鮮な気分になってみる、という方法も良いと思います。

私は、この方法で薄くなってきた彼の気持ちを取り戻すことができました。

そして、男性は頼られるのがとても好きなのです。自分で出来ないことなどがあれば、彼を頼って助けてもらう、そうすれば彼はきっと喜んでくれて、自分が彼女に必要とされてる意識を取り戻して気持ちも戻ってくると思います。

気持ちが冷めることに歳は関係ありません。お互いの思いやりが大切です。

思いやりを絶やさずにたまには刺激も加えて仲良くできると気持ちも取り戻せるでしょう。」(トレーナー・35歳)

セックスを頑張ってみるのも大切

「私が20歳の時のお話です。彼氏ができたのが4年ぶりで、まだ処女だったこともあり付き合うということがわからなくなっていました。

彼のことを好き過ぎて、ちょっとでも返信がこないと悲しくなったり責めていたりしました。

そんな私のことも最初は優しく受け入れてくれていたのですが、時が経つにつれ彼も疲れてきたのでしょう「もう、わからないよ」と言われて態度も冷たくなっていきました。

当時の私は彼の都合も考えず自分の気持ちだけをぶつけるだけで、とても依存していました。

そこが良くないところなんだなと反省し、依存することを辞めないとと思い努力しました。

たまには彼じゃなく友達と遊んでリフレッシュしたり、可愛いと言ってもらえるように肌のお手入れや髪のお手入れをはじめました。

そうすると彼と会う時間がなくても自分もしんどくなくなっていき、お互いの関係性もよくなっていきました。

また、私は処女なこともありHも上手くいかないことが多かったのですが、その勉強もして彼にも喜んで貰おうと奉仕を頑張ったり、可愛い下着もつけるようにしました。

今まで彼だけが頑張って前戯してくれていましたが、私も彼のものを優しくしてあげはじめたら、彼もすごく喜んでくれました。

今では、好きや可愛いをいっぱい言ってくれるようになりとってもラブラブです!」(学生・22歳)

冷めた彼の気持ちを取り戻すために行動しよう

恋人の気持ちが離れてしまった時は、何らかの行動を起こす必要があります。

紹介した成功体験談を参考にして、あなたも彼氏の気持ちを取り戻せることを祈っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました